本物の「餅」、本物の「ごはん」を サトウ食品

麦ごはんのネバネバ三色丼

麦には白米の10倍もの食物繊維が含まれており、血糖値の急激な上昇を抑制したり、腸内のコレステロールの吸収を抑える作用を持っています。
またオクラにも、ペクチンというネバネバの原因となる食物繊維が含まれており、血糖値の上昇を防ぐ働きや、腸の動きを促してコレステロールを減らす働きがあります。

麦ごはんのネバネバ三色丼の画像
※栄養価は1人分の値です。
エネルギー 383kcal
たんぱく質 14.8g
脂質 6.1g
炭水化物 73.5g
食物繊維 5.2g
食塩 2.4g
材料(1人分)
サトウの麦ごはん 1パック
長芋 60g
オクラ 6本(50g)
なめたけ(瓶詰) 50g
1コ
醤油 適宜

麦ごはんのネバネバ三色丼の作り方

  1. 鍋に800ccの水を入れ沸騰させる。沸騰したら火を止め、400ccの水を加え卵を入れフタをし、15分放置して温泉卵を作る。
  2. オクラをさっと茹でて、7mm幅に切る。
  3. 長芋をすりおろす。
  4. サトウの麦ごはんを電子レンジ(500W)で2分加熱する。
  5. "4"を器に盛り、なめたけ、2,3をかけ、最後に1をのせる。
  6. お好みで醤油をかけてお召し上がりください。

麦ごはんのネバネバ三色丼のPOINT

麦は栄養的には優れていますが、消化しにくいという難点があります。しかし、長芋をかけた麦とろ飯にすると、長芋の消化酵素が麦の消化を助けてくれます。

麦ごはんのネバネバ三色丼のアドバイス

皮をむいた長芋を素手で扱うとかゆくなることがあります。おろすときには皮を残し、なるべく直接触れないようにしましょう。

上にもどる